コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネキリムシ

2件 の用語解説(ネキリムシの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ネキリムシ

コガネムシ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネキリムシ
ねきりむし / 根切虫

栽培植物の根際(ねぎわ)を加害し、食い切って枯らす害虫の総称。ダイコン、ナス、トマト、ウリ類、青菜類、マメ類などの蔬菜(そさい)や、花や葉の観賞植物を加害するものをさすことが多いが、それらは鱗翅(りんし)類のヤガ科に属し、モンヤガ亜科とヨトウガ亜科に含まれるもので、幼虫は成熟すると日中は土の中に隠れていて夜間活動し、根際の部分を食害する習性をもっている。各地で普通にみられる種類は、カブラヤガ、タマナヤガ、シロモンヤガ、ヨトウガ各類の幼虫で、加害された若い苗は倒れて枯れてしまうが、虫が隠れてみつからないうちに被害が広がる。幼虫(ヨトウムシとよばれる)は若いうちは緑色で葉裏に群生しているが、成長すると暗褐色になり、昼間は土中に潜って隠れるようになる。駆除には薬剤の散布をするが、畑の周囲に溝を掘り、夜間溝に落ちた幼虫を集めることもある。樹木の苗木を害するネキリムシは、俗にジムシとよぶコガネムシの幼虫をさすことが多い。ほかにイネの苗を害するキリウジ(キリウジガガンボの幼虫)、ムギの根を害するコメツキムシ類幼虫なども知られている。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone