ネグレクト(読み)ねぐれくと(英語表記)neglect

翻訳|neglect

知恵蔵「ネグレクト」の解説

ネグレクト

ネグレクト(neglect)とは、怠慢もしくは無視、看過、ないがしろにするなどの意味を表す英語の名詞・動詞であるが、日本では育児放棄を指す概念として専ら使われてきた。同様に介護や養育を必要とする高齢者や傷病者、障害者などに対して、適切な衣食住を提供することを行わず、放置・遺棄することが社会問題化し、これらについてもネグレクトと称されている。
児童虐待防止法(児童虐待の防止等に関する法律)によれば、児童虐待の定義として、暴行や性的虐待、心理的虐待などと並んで、「著しい減食又は長時間の放置」が挙げられている。その具体例として厚生労働省は、いくつかのケースを指摘している。家に閉じ込め病気になっても病院に連れて行かなかったり、乳幼児を家や車の中に放置したりといった、健康・安全への配慮を怠っているケース。食事、衣服、住居などが極端に不適切で、健康状態を損なうほどの無関心・怠慢から生じるケースなどである。
社会的弱者の生活保障にあっては、公的扶助に先んじて親族間などの私的扶養が優先される。それゆえ、ネグレクトは基本的には扶養義務の放棄とみなされるが、扶養の負担を親子だけで支えることは容易ではない。こうした面から、核家族化により親族集団が分散化してきたことをネグレクトの要因の一つとして指摘する意見もある。しかしながら、児童や弱者に対する虐待やネグレクトが、近年になって増加しているとは必ずしも言えない。被扶養者の特性、扶養義務者の性格、経済、就労、家族関係、住居、更には近隣の関係、福祉、保健、医療、教育、司法など多岐にわたる問題が複合して連鎖的に作用する構造的な背景があるものと考えられる。また、成人であっても認知症や精神疾患による判断力低下などから、通常の生活を維持する意欲や能力を喪失し、ゴミ屋敷や孤立死などに至るセルフ・ネグレクト(自己放任)と呼ばれる状況も浮かび上がってきている。民間団体や行政などにより様々な取り組みが進んでいるが、実態の把握も含めて社会として解決する仕組みは整っていない。

(金谷俊秀 ライター/2015年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉「ネグレクト」の解説

ネグレクト(neglect)

[名](スル)
無視すること。ないがしろにすること。「住民の要望がネグレクトされる」
子供に対する適切な養育を親が放棄すること。例えば、食事を与えない、不潔なままにしておく、病気やけがの治療を受けさせない、乳児が泣いていても無視するなどの行為のこと。子供の精神的な発達が阻害され、人格形成に悪影響を与えるといわれる。養育放棄。→児童虐待

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ネグレクト」の解説

ネグレクト

〘名〙 (neglect) 無視すること。ないがしろにすること。
※文学雑話(1908)〈夏目漱石〉「イグノランスとかブルータリティーとかは全くネグレクトされて居る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android