ネストレ(英語表記)Nestle, Eberhard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネストレ
Nestle, Eberhard

[生]1851.5.1.
[没]1913.3.8.
ドイツの新約聖書文献学者,オリエント研究者。ウルム高等学校教授 (1883) ,テュービンゲン大学セム語学代理教授,アウルブロン神学校教授 (98) ,同校校長 (1912) を歴任。オリエント研究,70人訳やルター訳聖書の編集および膨大な本文批評の研究のかたわら,聖書の本文問題を生涯の仕事とした。『ギリシア語新約聖書入門』 Einführung in das griechische Neue Testament (1897) と今日最も権威ある『ギリシア語聖書』 Novum Testamentum Graece cum apparatu critico ex editionibus et libris manuscriptis collecto (98) の刊行によって世界的に名を知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android