コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネストレ Nestle, Eberhard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネストレ
Nestle, Eberhard

[生]1851.5.1.
[没]1913.3.8.
ドイツの新約聖書文献学者,オリエント研究者。ウルム高等学校教授 (1883) ,テュービンゲン大学セム語学代理教授,アウルブロン神学校教授 (98) ,同校校長 (1912) を歴任。オリエント研究,70人訳やルター訳聖書の編集および膨大な本文批評の研究のかたわら,聖書の本文問題を生涯の仕事とした。『ギリシア語新約聖書入門』 Einführung in das griechische Neue Testament (1897) と今日最も権威ある『ギリシア語聖書』 Novum Testamentum Graece cum apparatu critico ex editionibus et libris manuscriptis collecto (98) の刊行によって世界的に名を知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ネストレの関連キーワードネストレ・アーラントThink!ミンストレル大塚加奈子アーラント吉田輝幸明道静江小倉義人ユゼス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android