コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネッキ ネッキ

大辞林 第三版の解説

ネッキ【nick】

活字の部分の名。ボディーの腹面につけた溝のこと。活字の種類や字並びなどが容易に識別できるようにつける。 → 活字

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のネッキの言及

【活字】より

…字面と肩の間の凹所を谷といい,印刷のとき汚れたり紙型をとるとき支障が起こらないように,ある程度の深さを必要とする。ネッキは,活字の種類,大きさなどを判別する役目をし,足は活字のすわりをよくする。字面から足までが活字の高さで,文字で見て活字体の天地の寸法が活字の大きさである。…

※「ネッキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ネッキの関連キーワードフレジュス・トンネルロマネスク美術ミシン工業ドラセナデート超塑性ねっき活字