コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根木 ねっき

世界大百科事典 第2版の解説

ねっき【根木】

地面に木の棒を打ち込み合う遊び。ナラ,クヌギ,梅などの堅木の枝で太さ3cmくらいのものを長さ30~40cmに切り,一端をとがらせたものを地面に打ちつけて立て,次の者はそれを打ち倒すようにする。倒せば自分のものとなる。地方によって〈ねんがら〉〈かいねん〉〈くいうち〉〈こばよ〉〈たっぺ〉〈てんが〉〈てんがら〉〈にっき〉〈ねっくい〉〈ぼううち〉などの名がある。木の枝のまたを短く切って残して鉤(かぎ)のようにした棒も使われ,柳田国男はこれは木の枝に対する信仰と関係があり,〈ねんがら〉の〈ねん〉は〈念〉ではないかといっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

根木の関連キーワード金を中心とする佐渡鉱山の遺産群佐渡国小木民俗博物館ウーチヤーピーチウ石貫ナギノ横穴群なんでんかんでん石貫穴観音横穴高瀬(熊本県)シャオシンチウ千葉県成田市絲原 武太郎アクアビット小佐渡山地ベルモット小佐渡丘陵小木[町]リキュール新発田収蔵民間療法アブサンエキス剤

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

根木の関連情報