ネネツ(読み)ねねつ(英語表記)НенецNenets

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネネツ(ロシアの地名)
ねねつ
Ненец Nenets

ロシア連邦北西部にあるネネツ人の自治管区。1977年まで民族管区といった。面積17万6700平方キロメートル、人口4万6700(2003推計)。行政中心地はナリヤン・マル。北はバレンツ海に面する極北の土地で、北東部を除いて平地である。北部はツンドラ(永久凍土帯)、南部が森林ツンドラ地帯である。住民は、ウラル語族に属するネネツ人のほか、ロシア人が多い。主要産業はトナカイ飼育、漁業、狩猟であるが、毛皮獣飼育(キツネ、イタチ)、製材、酪農も行われる。交通は、おもにペチョラ川の水運、バレンツ海の海運、ナリヤン・マルの空港利用による空路である。[中村泰三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネネツの関連情報