ノバーラ(読み)のばーら(英語表記)Novara

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノバーラ
のばーら
Novara

イタリア北西部、ピエモンテ州ノバーラ県の県都。人口10万1921(2001国勢調査速報値)。ティチーノ、セジア両河川に挟まれた豊かな灌漑(かんがい)平野に位置し、稲作の中心地。交通の要衝でもある。また食品、機械、繊維、化学などの工業も盛んで、ピエモンテ州では州都トリノに次ぐ工業都市となっている。1849年3月、サルデーニャ軍がオーストリア軍と衝突し、決定的な敗北を喫した(ノバーラの決戦)地でもある。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android