ノミ類(読み)ノミるい(英語表記)Siphonaptera; flea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノミ類
ノミるい
Siphonaptera; flea

ノミ目に属する昆虫の総称。双翅類に近縁の小型の昆虫で体は左右に扁平,は完全に退化する。頭部は触角間の縫皺によって前後に分れる。触角は短く,触角溝中に納まる。単眼はなく,複眼を欠くものもある。口器宿主の体を刺して血液を吸うのに適している。肢は長く,よく発達し,後肢は跳躍肢となっている。 跗節は5節で1対の爪がある。体,肢に特徴的な剛毛列があり,いずれも雌は雄より大きい。幼虫は白色,円筒形で無脚であるが,体に斜め後方に向って多数の剛毛が生えている。宿主の皮膚のはがれ落ちたもの,糞,宿主の巣中の塵埃中にある有機物などを食べて育ち,完全に成熟するとを紡ぎ,その中で蛹化する。日本産は約 75種,全世界で約 2000種が知られる。いずれも鳥や獣から吸血し,病原体の媒介を行うものが少くなく,ペスト (ケオプスネズミノミによる) は特に有名である。 (→昆虫類 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android