コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノヤシ(野椰子) ノヤシClinostigma savoryanum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノヤシ(野椰子)
ノヤシ
Clinostigma savoryanum

ヤシ科の常緑高木。小笠原諸島に特産するヤシの1種。高さ 10mに達し,幹は白粉を帯びて灰白色。幹の上端部に葉柄が鞘をつくって,鮮緑色でややふくらんだ部分が長さ 1mほどになる。葉は長さ 2mもの壮大な羽状葉で,櫛の歯状に 100対もの線形の裂片に裂ける。春から夏に,葉鞘の下端部から房状花序を出し,枝分れした軸上に多数の黄白色の細花をつける。果実は径 1cmほどの球形で花序軸の下半部につき,橙紅色に熟す。別名セボリーヤシ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ノヤシ(野椰子)の関連キーワードヤシ科

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android