コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤシ Iaşi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤシ
Iaşi

ルーマニア北東部,モルドバ地方,ヤシ県 (面積 5469km2。人口 80万 6800〈1992推計〉) の県都。モルドバ国境に近く,バフルイ川がプルト川に合流する地点に近い台地上に位置する。7世紀の居住跡が存在し,14世紀から文献に登場する。プルト川沿いの商業路の中心として発展し,1564~1862年モルドバ公国の首都として,政治,商工業,文化の中心であった。 17世紀に設立されたスラブ・ギリシア語学校では,モルドバ地方最初の印刷物が刊行された。 17世紀に建設された聖堂のほか多くの歴史的記念物がある。火力発電所,機械,化学,医薬品,繊維,食品などの工場が立地。総合大学以外に,工業,農業,音楽などの単科大学,2つの劇場,歴史博物館,美術館,その他文化施設が多い。人口 34万 2994 (1992推計) 。

ヤシ
palm

ヤシ科に属する高木の総称。新・旧両大陸,オーストラリア,太平洋諸島の熱帯,亜熱帯に広く分布する。典型的な汎熱帯植物で,日本に自生するシュロ (棕櫚) はヤシ科植物としては分布の北限にあたる種類である。科全体としての分布が広いわりに,個々の種は比較的限られた地域ごとに特産種として分化していて,ココヤシ (古々椰子) アブラヤシ (油椰子) を除けば広い分布をもつ種は少い。約 200属,3000種ほどが知られていて,油脂 (ココヤシ,アブラヤシ) ,デンプン (サゴヤシ) ,砂糖 (サトウヤシ) などの原料を提供したり,硬い殻で工芸品をつくるもの (ゾウゲヤシ) ,葉で屋根をふくもの (ニッパヤシ) など有用な種が多く,また観賞用 (カナリーヤシシュロチク) や街路樹 (ダイオーヤシ) など熱帯地方では最も有用な植物とされる。外形上はシュロなどのように掌状の葉をもつもの (オウギヤシ類 fan palm) と,ココヤシなどのように羽状の葉をつけるもの (feather palm) とがあるが,分類学上の群ではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヤシ(Iaşi)

ルーマニア北東部の都市。モルドバとの国境に近く、プルート川の支流バフルイ川沿いに位置する。同国第2の都市で、かつて16世紀から19世紀にかけてモルドバ公国の首都が置かれた。1860年に同国初の大学が設立され、文教都市としても知られる。聖ニコラエドムネスク教会三聖人教会、文化宮殿などの歴史的建造物のほか、国民的詩人ミハイ=エミネスクの文学館がある。ヤーシ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ヤシ

ルーマニア北東部の都市。ブドウ栽培地帯の中心で,鉄道の要地。薬品・繊維・機械・食品加工業が行われる。大学(1860年創立)がある文化都市で,宗教的建築物が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤシ【Iaşi】

ルーマニア東部の主要都市。旧モルドバ公国の首都。現在は同名県の県都で,人口33万8000(1993)。プルート川の支流バフルイBahlui川のほとりにあり,現在モルドバ共和国との国境をなしているプルート川までは8kmの位置にある。英語,ドイツ語風にヤッシーと記されることもある。鉄道分岐点としても重要で,一つはキエフを経由してモスクワへ,他はブコビナを経てリボフへ至る。 ヤシの地名が初めて文献に現れるのはロシアの史料で,1387‐92年にここに市が立っていたという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤシ
やし / 椰子
palm
[学]Palmae

ヤシ科植物の総称。ココヤシ亜科、アレカ亜科、トウ亜科など11亜科29族(連)に分けられる。[佐竹利彦]

分類・分布

ココヤシ亜科は約660種、アレカ亜科はヤシ全体の半数約1400種、トウ亜科は約700種で、この3グループはヤシの大部分を含める大群族である。原産は南はニュージーランド、北はヨーロッパにかけて南緯・北緯ともほぼ40度、分布は南緯43度、北緯47度に拡大し、全世界の熱帯、亜熱帯、温帯に自生し、緯度は海流、海抜、気象などの条件で一定しない。生育気温は零下10℃程度が最低である。ヤシの種類は中南米にもっとも多く、ブラジルが最大で、全品種3300余種のほぼ半数は南北アメリカ大陸に発生している。自生帯は水中、海浜、砂漠、高山などさまざまである。土質は弱酸性が多く、サンゴ礁とか乾燥帯にはアルカリ性の産地もある。[佐竹利彦]

形態

ヤシは単子葉植物中もっとも発達した高等植物で、円柱状の幹茎の頂部に葉柄のある繊維質の葉脈が流線形の葉冠を形成しているスマートな容姿がヤシ独特の魅力的美観といえよう。果樹とか材料として利用される2、3の品種を除く3000余種のほとんどは装飾とか観光とか環境の美化に用いられ、葉冠の姿態が評価される。この意味において、ヤシは園芸的には観葉植物とみるべきである。[佐竹利彦]
幹は普通上方に伸びるが、枝を分岐するものは少ない。単立または分株叢生(そうせい)する。幹が地上に出ない種類もある。高さ30センチメートルから100メートル、径は2ミリメートルから1.5メートルと大小の差が著しい。葉は頂生管束である葉脈が網目にならず、葉片方向に平行しているのが原則であり、かならず葉柄があるのがユリ科などとは異なる点である。[佐竹利彦]
葉形は大別すると、掌状葉と羽状葉である。前者は葉柄が着葉部で中絶し、後者は上端部から中軸になって葉体中に伸びたものである。両者は基本構造においては同一で、単に小葉片が葉柄の着葉部に圧縮されたように集積したのが掌状葉で、伸長した中軸の両側に小葉片が羽状に多散配列したのが羽状葉である。小葉の形状には披針(ひしん)形と切頭(せっとう)形(歯形)があるが、後者の種子の周面は複数の溝のあるものが多い。小葉片にはV字形(内向鑷合(じょうごう)状、たとえばフェニックス、クジャクヤシ、シュロ)とΛ字形(外向鑷合状、たとえばココヤシ、アレカヤシ、テングヤシ)があり、葉芽時においてすでにV、Λいずれかに重合している。幹、葉、葉柄などに鋭刺のあるのは動物に対する保護器官である。葉の色は緑、灰、白色などがあり、若葉時には枯色でのちに緑色になるものがあるのは保護色の意味もある。ヤシの葉は幹を中心軸として幹の円周に派出伸長するが、単位の葉が幹の全周にわたり120~180度の範囲に次々とずれて旋回状をなして発生する。その角度は個体の品種固有の度数である。旋回方向には左右があり、その方向は葉の様態で観測できる。幹を軸とする回転の逆方向になびき、やや傾いて湾曲する。その旋回方向が右回り、左回りの方向を示している。120度と180度は円周が3分の1と2分の1に割り切れる特殊角なので、120度のものは幹軸の円周を3等分して葉柄が3列に垂直に条列をなして着生し、180度のものは葉柄が2列に垂直の条列状に幹軸の両側に平面的なひだ状をなして着生する。種子の幼芽の細胞分裂時に、左右いずれかに定まるものと考えられる。[佐竹利彦]
花は品種によって両性花、雄花、雌花、中性花など、あらゆる性別があるが、いずれも包葉内で成長した肉穂花の花柄が開いて穂状をなすこと、花弁、萼(がく)、雄しべ、子房、柱頭の数が3の倍数であるのが特徴である。雄しべは3~150本の範囲で種類が多く、6本以上のものには3で割り切れない花も混じっている。アンデス山系のヤシには雄しべも花弁も不定数の例外(アメリカゾウゲヤシ)がある。雄花に不稔(ふねん)性の雌しべのあるもの、雌花に無精(無葯(やく))の雄しべのあるものが多い。これは両性花の痕跡(こんせき)器官で、単性花が両性花に誤認されやすい。単性花で雌花と雄花が同一花軸にあるものでは、中央に雌花、その両側に1個ずつの雄花がついて3個1組の集合花になっている例が多く、花軸の先端に向かっては雄花だけが数珠(じゅず)状に列をなしてつき、包葉が割れて内蔵の花序が枝状に開くとまもなく雄花が全開し早期に落花するものと、長期間つぼみのまま閉じているものもある。いずれも雄花が散ってから雌花が開くのが普通であるが、すでに雌花の柱頭では受精が終わっている。つぼみのまま閉じたものの場合は雄花の開花までに雌花の成長が進行する。雄花は総じて小さく1~12ミリメートル程度。ヤシの性別は花だけでなく個体としての株自体にも性別があり、両性花も雌雄同株に限らず、雌雄異株に両性花のある例(シュロ)は多い。単性花でも雌花に葯のない無精の雄しべがついたものがあり、雄花でも不稔性の雌しべがあって一見両性花に似た花があるが、ともに痕跡器官になっている。同属異種の交配性には有無の2種があり、たとえばフェニックスは交配しやすく、ワシントンヤシ、ホエア、トックリヤシなどはほとんど交配しない。
 花弁の色は白、黄白、桃、黄、黄緑、緑、青、紫、桃紫、褐色などじみである。花序には花柄が小枝に分岐するものと、枝のない鞭(むち)状のものとがあり、1花序に1本だけのものがある。雌雄同株でも雌雄別々の花序を発生する例(アフリカアブラヤシ、ニッパヤシ)もある。同一花序でも花軸によって両性化、雄花、雌花を別々に着生するものもある。[佐竹利彦]
果実
果実は房状に着生する例が普通で、開花と結実が間断なく連続するものと、年1回のもの、一生に1回のものがある。果実の構造は被子植物として種皮と果皮からなり、種皮は仁(じん)と種皮からなる。種皮は外種皮と内種皮からなり、木質か厚膜組織のものが多く、果皮は外果皮、中果皮、内果皮(核)からなり、内果皮は木角質の厚いものになり、種皮と区別のないものもある。普通は内果皮を種子と通称する。仁は胚(はい)と胚乳からなり、胚は子葉、幼芽、幼根からなり、胚が内種皮に内接し、種皮と内果皮に珠孔がある。中果皮には糖分を含むものがあり、種子にはタンパク質、糖分、油脂が含まれている。[佐竹利彦]

利用

熱帯民族の生活にはヤシは密接な関係がある。中近東では6000年前からナツメヤシの糖分の多い果肉(中果皮)が食料として利用され、現代でも菓子、果糖、アルコールなどの用途に供される。ココヤシやアフリカアブラヤシなどの胚乳から多量の良質な油脂(コプラ)が得られ、工業用、せっけん、マーガリンなどに利用される。また数種のサトウヤシ類からは、花柄に切り傷をつけ、切り口から出る樹液を煮つめ、乾燥して糖蜜(とうみつ)、砂糖を得る。量の多少はあるが、ヤシ全般に砂糖を含み、採集法さえ案出できれば、量的にはサトウキビの及ばないほどである。[佐竹利彦]
 工業原料としてはブラジルロウヤシやグレナダロウヤシなどの葉からロウ、サゴヤシの幹からでんぷん、ラフィアヤシの羽片やオウギヤシの葉柄から繊維、トウからは籐(とう)、キリンケツ(麒麟血)の樹脂から赤色のニスや染料がとれる。キャベツヤシ、アメリカパルミット、オウギヤシの芯葉(しんよう)はブラジルなどでは生鮮野菜であり、缶詰にもされる。サラッカヤシ、トウ、オウギヤシなどの実は果物として生食される。ボタンヤシ、アメリカゾウゲヤシ、ブラジルゾウゲヤシの固い胚乳(はいにゅう)からはボタンが製造された。クジャクヤシの種子をイスラム教徒は数珠(じゅず)に使う。ニッパヤシ、ココヤシ、オウギヤシをはじめとする葉は屋根材、壁材、団扇(うちわ)、帽子、籠(かご)、紙の代用、工芸品など利用は広い。
 熱帯では観賞用に幹の美しいダイオウヤシ、アレカヤシ、トックリヤシや葉柄の赤いショウジョウヤシ、ベニウチワヤシをはじめ多数のヤシが使われる。日本でも暖地ではカナリーヤシやワシントンヤシが並木や庭園樹にされる。シュロ、シュロチク、カンノンチクはさらに耐寒性がある。[湯浅浩史]

民俗

熱帯地域の人々と密接な関係にあるヤシは、コプラからもわかるように栄養価が非常に高く、飢饉(ききん)の際にはヤシだけでも飢えをしのげるといわれる。タミール(スリランカ)の詩には、810ものロンターヤシの使用法があげられているが、その葉だけでも屋根を葺(ふ)いたり、編んでさまざまな容器をつくったり、タバコの葉を巻くなど、いろいろに利用される。「ベテル・チューイング」といって、喫煙とよく似た習慣が熱帯地域に広く分布しているが、これはビンロウジの実とキンマの葉を石灰といっしょにかむもので、口臭を除き、一種の覚醒(かくせい)効果が得られるという。ココヤシ、ロンターヤシ、アレカヤシなどからは、やし酒もつくられる。
 サンスクリット文字は最初ロンターヤシの葉に筆記されたといわれ、インドネシアのバリ島には、ロンターヤシの葉に筆記された膨大な儀礼のテキストが残されている。まっすぐに伸びたロンターヤシの幹は、『ラーマーヤナ』(古代インドのサンスクリット大叙事詩)のなかでは力と威風の象徴に例えられ、また東インドネシアのフロレス島中部では、ココヤシの実が豊饒(ほうじょう)と安全の象徴とされている。[中川 敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヤシの関連キーワードカンノンチク(観音竹)ウチワヤシ(団扇椰子)アブラヤシ(油椰子)エルチェの椰子園カルナウバろう尾鰭針孔雀椰子パームシュガーシュロ(棕櫚)チャマエドレアヤシ(椰子)ココナッツ油子持孔雀椰子チャメドレアフェニックスラフィア椰子テングヤシパーム核油アレカヤシ琉球棕櫚竹エミネスク

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤシの関連情報