コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノルダウ ノルダウ Nordau, Max Simon

1件 の用語解説(ノルダウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノルダウ
ノルダウ
Nordau, Max Simon

[生]1849.7.29. ブダペスト
[没]1923.1.23. パリ
ハンガリー生れのユダヤ作家,評論家,医師。本名 Max Simon Südfeld。ブダペストで医学を学び,1880年パリで医師を開業。他方,青年時代からドイツ語による著作を始め,73年処女作『クレムリンからアルハンブラまで』 Von Kremlin zum Alhambraで成功を収め,その後多くの新聞,特にベルリンの『フォシシェ・ツァイトゥング』に寄稿。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノルダウの関連キーワードブダペスト弦楽四重奏団ブダブダペシュトブダペスト交響楽団ブダペスト祝祭管弦楽団ブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団ブダペスト秋の祭典ブダペスト春の祭典ブダペスト・バロック・フェスティバルブダペストの要塞

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone