コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノルヒェーピング Norrköping

2件 の用語解説(ノルヒェーピングの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ノルヒェーピング【Norrköping】

スウェーデン南東部,ストックホルムから南西135kmにある港市。人口12万4000(1996)。バルト海から40kmほど湾入した入江の奥のモータラ河畔にある。13世紀以来の都市で,スウェーデンの織物業の中心として発展。このほか製紙・ゴム・造船工業があり,マーガリン,家具も産する。16世紀以来の城や建造物があるが,1719年にはロシアとの戦いで被害を受けた。自然の風景にも恵まれている。【浅井 辰郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone