コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノロエステ鉄道 ノロエステてつどうEstrada de Ferro Noroeste do Brasil

世界大百科事典 第2版の解説

ノロエステてつどう【ノロエステ鉄道 Estrada de Ferro Noroeste do Brasil】

ブラジルのサン・パウロ州中西部のバウル市よりマト・グロッソ・ド・スル州中央南部を横断して西に走る鉄道(全長1762km。1904年起工,1953年完成)。現在,国鉄(RFFSA)第10区。政治性の強い国策鉄道で,奥地の国防と開発,ボリビア東低部の石油への強い関心,大西洋岸(サントス)と太平洋岸(チリのアリカ)とを結ぶ大陸横断鉄道案に深くかかわる。国境のコルンバとボリビア領内のサンタ・クルス間を結ぶ鉄道も同様の展望のもとにブラジルが建設した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone