コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノーソフ ノーソフ Nosov, Nikolai Nikolaevich

2件 の用語解説(ノーソフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノーソフ
ノーソフ
Nosov, Nikolai Nikolaevich

[生]1908.11.23. キエフ
[没]1963
ソ連の児童文学者。モスクワ映画大学を卒業後,映画監督となった。 1938年頃から児童物語を書きはじめ,『階段』 Stupen'ki (1946) ,『空想家たち』 Fantazëry (57) ,『トーリャ・クリュークビンの冒険』 Priklyucheniya Toli Klyukvina (61) などを出版。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノーソフ
のーそふ
Николай Николаевич Носов Nikolay Nikolaevich Nosov
(1908―1976)

ソ連の児童文学作家。ウクライナのキエフに生まれる。モスクワの映画大学を卒業。科学・教育映画の演出をしていたが、初めての子供向き短編童話『「三匹の子ブタ」ごっこ』(1938)で作家として出発した。代表作『ビーチャと学校友だち』(1951)でスターリン賞を受け、日本でも多数の読者を得た。ほかに『ネズナイカとその友だちの冒険』(1954)、『ぴよぴよ一家』(1949)などの長編があり、また短編に佳作が多い。[内田莉莎子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノーソフの関連キーワードキエフ公国蒔絵筆蒔絵粉キエフペチェールスカヤ大修道院キエフテレビタワーキエフ・バレエ団エフラタムキエフ国家キエフ大公キエフ・ルーシ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノーソフの関連情報