コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノーチラス ノーチラスNautilus

翻訳|Nautilus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノーチラス
Nautilus

(1) 1800年に R.フルトンがフランスで建造した潜航艇名。ラテン語で「小さな船」の意。葉巻型で,木造の上に鉄板を張り,水上を帆走,潜航中は手動スクリューで推進。当時では最も進んでいたが,フランス海軍は「紳士的でない」として購入しなかった。 (2) その後,84年にイギリス人 A.キャンベル,J.アッシュによってバッテリー使用の電動潜水艦『ノーチラス』が発明され,86年に建造された。 (3) J.ベルヌの小説『海底2万マイル』 (1870) に登場する潜水艦名。 (4) 1955年1月に原子力で初めて航行に成功したアメリカの原子力潜水艦。 20kn以上の水中速度で航行でき,乗組員の体力や食料が続くかぎり,ほとんど永久に潜航できる。 58年ハワイのパールハーバーから北極海を史上初めて潜航,イギリスのポートランドに達した。 79年老朽化により退役

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ノーチラス(Nautilus)

米国の民間軍事問題研究機関。極東・太平洋地域の米軍の核戦略の調査で知られる。本部マサチューセッツ州レベレット。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ノーチラスの関連キーワードスベルドラップ(Harald Ulrik Sverdrup)フルトン(Robert Fulton)ジョージ・ヒューバート ウィルキンズノーチラス・テクノロジーズH.U. スベルドルップゼネラル・ダイナミックスH.ジョージ リコーバーW.R. アンダーソンコネティカット州スベルドルップ慣性航法装置ウィルキンズエルズワース潜水調査船リコーバー海底二万里海底二万哩海洋開発グロトン北極探検

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノーチラスの関連情報