ノーファインダー(読み)のおふあいんたあ,のーふぁいんだー

カメラマン写真用語辞典の解説

ノーファインダー

 ファインダーを覗かずに撮影する方法の総称。とくに、人混みの中で、被写体を撮影する場合に、カメラを頭上に差し上げて撮影する方法がノーファインダーの典型例である。そのほか、カメラを首から下げてファインダーをのぞかないでシャッターを切るのもノーファインダー撮影である。このノーファインダーも和製英語で、ひと言で説明する英語はない。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ノー‐ファインダー

《〈〉no+finder》カメラの撮影技法の一。ファインダーを覗かないで撮影すること。被写体となる相手にカメラを意識させない自然な撮影ができたり、極端なローアングルの撮影ができるなどの利点がある。人混みなどにおいて、カメラを頭上に掲げて撮影することも含む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android