コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノールハイム Nordheim, Arne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノールハイム
Nordheim, Arne

[生]1931.6.20. ラルビク
[没]2010.6.5. オスロ
ノルウェーの作曲家。第2次世界大戦後のノルウェーに現代音楽の作曲技法を紹介した。作品の多くは録音した電子音の組み合わせからなり,1970年日本万国博覧会(大阪万博)のスカンジナビア館のテーマ音楽も同様の手法で作曲した。1948~52年オスロ音楽院で学び,その後デンマークコペンハーゲンバルトーク・ベーラの音楽を,フランスのパリでミュジック・コンクレート(具体音楽)や電子音楽を研究。1950年代後半に,初の大作となる歌曲集 "Aftonland"を発表。ほかに,管弦楽と磁気テープのための "Epitaffio"(1963),オルガンパーカッション,電子楽器のための "Colorazione"(1968),1994年のリレハンメル・オリンピック冬季競技大会のための,民話をもとにした音楽劇 "Draumkvædet"などがある。1960~68年音楽批評家としても活躍した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ノールハイムの関連キーワードバルトーク・ベーラ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android