コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイドログラフ

百科事典マイペディアの解説

ハイドログラフ

流量図とも。河川のある観測地点で縦軸に流量を,横軸に時間をとって流量の変化を図示したもの。ふつう観測地点ごとに,水位だけ観測すれば流量が読みとれるよう断面積,流速,水位の変動などの測定を行って水位―流量曲線を作っておく。
→関連項目河川観測

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のハイドログラフの言及

【治水】より

…計画対象となる豪雨の程度については,過去の実績降雨群の資料について確率計算を行って求め,その降雨パターンから河道の洪水パターンを解析計算によって求める。洪水パターンは,ハイドログラフhydrographと称する,時間と洪水水位または洪水流量との関係を表す図によって示される。上述の解析計算によるハイドログラフ群から計画ハイドログラフを定め,これを基準にして諸検討の結果を総合的に考慮してその治水計画において基本となる洪水(基本高水)を決定する。…

※「ハイドログラフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ハイドログラフの関連キーワード流量

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android