ハイバネーション(読み)はいばねーしょん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ハイバネーション

パソコンの電源を切ると同時に、実行中の作業内容をメモリーからハードディスクに自動的に退避させて保管する機能。パソコンを再起動すると、電源を切る直前の作業状態がハードディスクから読み出されて、メモリー上に再現される。主にノートパソコンで採用されている機能である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ハイバネーション(hibernation)

冬眠。冬ごもり。
コンピューターの電源を切る、あるいは省電力状態にする直前のメモリー内容をハードディスクなどに記録する機能。再開時にメモリー内容を読み出し、電源を切る直前の状態に戻すことができる。休止状態。→スリープ2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

ハイバネーション【hibernation】

コンピューターの省電力機能のひとつ。作業中断直前のメモリーの内容をハードディスクに保存して電源を切る。そのため、再開時にオペレーティングシステムアプリケーションソフトを起動しなおす必要がなく、作業復帰(レジューム)を速やかに行うことができる。ノートパソコンなどにはバッテリー残量が少なくなったときに、自動的にこの休止状態になるものもある。◇「休止状態」ともいう。類似する機能として「スタンバイ」があり、この場合は作業状態をメモリーに保存する。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報