ハイホラゴケ(読み)はいほらごけ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイホラゴケ
はいほらごけ / 這洞苔
[学]Lacosteopsis orientalis (C. Chr.) Nakaike=Vandenboschia orientalis (C. Chr.) Ching

コケシノブ科の常緑性シダ。コガネシノブともいい、青森県以南の各地の山間樹林内の湿った岩土に着生する。黒褐色の短毛を密につけ、3回羽状の葉身は15センチメートル前後、脈端につく包膜はコップ状である。ハイホラゴケによく似ているが、やや小形で、羽片が重なり合うのがヒメハイホラゴケL. o. var. abbreniataである。近縁属の一つであるウチワゴケGonocormus minutusは、径1~2センチメートルの円形ないし扇形の葉をつける。この種は分布が広く、ポリネシア、ミクロネシアにも及ぶ。[栗田子郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハイホラゴケの言及

【ホラゴケ】より

…日本からヒマラヤに分布するが,この類の分類にはまだわからないことが多い。ハイホラゴケvar.orientalis (Christ) H.Itoは日本から中国,ヒマラヤ,東南アジアに分布し,本州南部以南にはオオハイホラゴケvar.naseana (Christ) H.Itoが分布するが,種の階級でこれを区別することもある。ヒメハイホラゴケV.amabilis (Nakai) Iwatsukiも近縁で,これも同じ種の別変種とされることがある。…

※「ハイホラゴケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プチプラ

値段が安いことを表す日本の俗語。「プチ(小さい)プライス(価格)」の略。ほとんどの場合、女性用のファッションアイテム・化粧品・香水・雑貨などのジャンルで、「安くてかわいい」「手に入りやすい」といった意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android