コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハインドバーン Hyndburn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハインドバーン
Hyndburn

イギリスイングランド北西部,ランカシャー県南東部の地区。マンチェスターの北約 30km,ブラックバーンバーンリーの中間を占め,コールダー川の支流ハインドバーン川が流れ,リーズ・リバプール運河が通る。19世紀当初はハインドバーン川の水力で,のちランカシャー炭田の石炭を利用した蒸気機関動力源として,アクリントンなどで綿織物工業が発達した。織物に関連した機械工業も発達し,織物工業が衰退した今日でも重要な産業となっている。面積 73km2。人口 8万1487(2001)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android