コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイ・アイポイント はい◆あいほいんと,はい あいぽいんと

1件 の用語解説(ハイ・アイポイントの意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

ハイ・アイポイント

 ファインダーアイピース (接眼部)から目を離しても、ファインダー全視野が見渡せるために、目の位置= アイポイント を長く(17~20mmぐらいまで)設計してあるファインダーのこと。メガネ使用者などには非常に便利であり、現在の一眼レフでは高級機は当然だが、中級機以下でもハイ・アイポイント設計にしてあるものがある。なお、「ハイ・アイポイント」という言葉はもともとニコンが使ったもので、同社のアクションファインダー(アイポイントがきわめて長い)などがそのルーツになっている。通常のファインダーとして採用されたのも、ニコンのF3ハイアイポイント(右写真)が最初である。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

ハイ・アイポイントの関連キーワードファインダーレンジファインダーアイピーセックアイカップアイピースアイピーブイシックスアイポイント電子ファインダーノーファインダーユニバーサルファインダー

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハイ・アイポイントの関連情報