コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイ・アイポイント はい◆あいほいんと,はい あいぽいんと

1件 の用語解説(ハイ・アイポイントの意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

ハイ・アイポイント

 ファインダーアイピース (接眼部)から目を離しても、ファインダー全視野が見渡せるために、目の位置= アイポイント を長く(17~20mmぐらいまで)設計してあるファインダーのこと。メガネ使用者などには非常に便利であり、現在の一眼レフでは高級機は当然だが、中級機以下でもハイ・アイポイント設計にしてあるものがある。なお、「ハイ・アイポイント」という言葉はもともとニコンが使ったもので、同社のアクションファインダー(アイポイントがきわめて長い)などがそのルーツになっている。通常のファインダーとして採用されたのも、ニコンのF3ハイアイポイント(右写真)が最初である。

出典|カメラマンWeb
カメラマン写真用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハイ・アイポイントの関連情報