ハウスホーファー(読み)はうすほーふぁー(英語表記)Albrecht Haushofer

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハウスホーファー(Albrecht Haushofer)
はうすほーふぁー
Albrecht Haushofer
(1903―1945)

ドイツの詩人、劇作家。ミュンヘン生まれ。ベルリンで地政学の教授の職にあり、イギリスに亡命したナチス幹部、ヘスの下で外務省参与をも兼ねたこともあった。ヒトラー暗殺を企てた1944年7月事件に加わっていたかどで敗戦直前に逮捕され、処刑された。文学者としては34年以来もっぱら劇作に手を染め、ローマ時代に題材をとった『スキピオ』(1934)、『アウグストゥス』(1939)で鋭利な時代批評を行った。死の直前の『モアビート十四行詩(ソネット)』(1946没後刊)は、反ナチス文学の精髄とされる。[飯吉光夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android