コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘス ヘス Hess, Moses

15件 の用語解説(ヘスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘス
ヘス
Hess, Moses

[生]1812.6.21. ボン
[没]1875.4.6. パリ
ユダヤ系ドイツ人の社会主義者。『ライン新聞』 Rheinische Zeitung (1841) の創設者,執筆者の一人。 1845年秋から翌年3月にかけてブリュッセルで K.マルクスと『ドイツ・イデオロギー』の共同作業に従事したが,やがてマルクスらと決裂。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヘス
ヘス
Hess, Rudolf

[生]1894.4.26. エジプトアレキサンドリア
[没]1987.8.17. ベルリン
ナチス党幹部。第1次世界大戦に空軍士官として従軍。 1920年ナチス党員,23年ミュンヘン一揆に参加,のち A.ヒトラーとともにランツベルクで入獄中,『わが闘争』の口述筆記をした。 25年ナチス再建以後ヒトラーの秘書。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヘス
ヘス
Hess, Victor Francis

[生]1883.6.24. ワルトシュタイン
[没]1964.12.17. マウントバーノン
オーストリア系のアメリカ物理学者グラーツ大学で学び,1906年学位取得。ウィーン大学ラジウム研究所の助手などを経て,いったん渡米し,その後グラーツ大学教授 (1925) となる。 31年にインスブルック近郊の山の上に宇宙線観測所を設立したが,38年ナチスに追われてニューヨークのフォーダム大学教授となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヘス
ヘス
Hess, Walter Rudolf

[生]1881.3.17. フラウエンフェルト
[没]1973.8.12. チューリヒ
スイス生理学者。スイス,ドイツ各地の大学で学び,1906年チューリヒで学位を得たのち眼科医となったが,12年から生理学の研究に転じ,17~51年,チューリヒ大学教授兼生理学研究所所長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヘス
ヘス
Hess Corporation

アメリカ合衆国の石油会社。1969年にアメラダ・オイルとヘス・オイル・アンド・ケミカルが合併しアメラダ・ヘスとして設立。アメラダは 1920年に設立され,1941年アメラダ・オイルと改称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヘス(Germain Henri Hess)

[1802~1850]スイスの化学者。ロシアペテルブルグ大学教授。化学反応における熱総量を研究し、熱化学の発展に貢献。

ヘス(Victor Franz Hess)

[1883~1964]米国の物理学者。オーストリアの生まれ。軽気球を用いて高空での放射線を観測・研究し、宇宙線研究の基礎を築いた。1936年ノーベル物理学賞受賞。

ヘス(Walter Rudolf Hess)

[1881~1973]スイスの生理学者。自律神経系を研究、間脳の調節機能を発見した。1949年ノーベル生理学医学賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヘス

ドイツの政治家。1921年ナチスに入党,ミュンヘン一揆(いっき)に参加。ヒトラーの秘書を経て副党首,閣僚となり,1939年ヒトラーの第2後継者に指名された。第2次大戦勃発(ぼっぱつ)後,1941年単身飛行機で渡英し和平交渉を試みて捕らわれ,戦後ニュルンベルク裁判で終身刑となり,シュパンダウ連合軍刑務所で服役中,自殺。

ヘス

オーストリア出身の米国の物理学者。1925年グラーツ大学教授。1938年ドイツ・オーストリア合併に際し大学を追われ渡米,ニューヨークのフォードハム大学教授となり,1944年米国に帰化。

ヘス

スイスの医者,生理学者。チューリヒ大学生理学研究所長。神経系について多くの研究があるが,大脳前頭葉の切除が,性格変換や神経痛の治療にも役立つことを発見。間脳の機能と内臓機能の共働に関する発見で1949年ノーベル生理医学賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヘス【Moses Hess】

1812‐75
ドイツの初期社会主義者。ユダヤ人商人の子として生まれ,独学で哲学を修める。《人類の聖史》(1837)および《ヨーロッパ三頭政治》(1841)の2著において,ドイツにおける最初の社会主義思想を打ち出すとともに,ヘーゲル左派的な〈行為の哲学〉を展開した。また《ライン新聞》をはじめ多数の新聞雑誌に論説を寄稿し,〈哲学的共産主義〉の代表者として知られる。フォイエルバハの疎外論を社会経済の領域に適用した彼の理論は,一時期マルクスにも影響を与えた。

ヘス【Rudolf Hess】

1894‐1987
ナチ党(ナチス)の古参党員でヒトラーの側近。1924年,獄中のヒトラーの《わが闘争》の口述筆記の相手を務める。32年,党官房の長として〈指導者代理〉(〈第三帝国〉では〈総統代理〉),33年3月からはその資格で閣僚,さらにゲーリングにつぐヒトラーの〈第二後継者〉にも指名される。41年5月,独ソ戦を前にヒトラーの意をくんでイギリスに飛んで独英間の和解を図ったが失敗,ナチス側からは〈気違い〉扱いをされる。

ヘス【Victor Franz Hess】

1883‐1964
アメリカの物理学者。オーストリアの生れ。グラーツ大学で数学と物理学を学ぶ。1911年以降,気球を利用して密封した容器中の気体の電離現象を研究,高度の増加とともに電離される割合は減少するが,1000m以上になると増加し始め,5000mの高さでは地上における観測値の数倍になることを発見し,宇宙空間からやってくる高エネルギー放射線の存在を証明した。31年には,ロックフェラー財団などからの援助を受けて,インスブルック近くのハーフェレカー山(標高2300m)の山頂に宇宙線観測所を開設した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ヘス【Hess】

〔Germain Henri H.〕 (1802~1850) ロシアの化学者。スイス生まれ。化学反応における総熱量一定の法則を発見、熱化学の基礎を築く。 → ヘスの法則
〔Harry Hammond H.〕 (1906~1969) アメリカの地質学者。海洋底拡大説を提唱。
〔Victor Francis H.〕 (1883~1964) アメリカの物理学者。オーストリア生まれ。軽気球を上げて宇宙線を発見。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヘスの言及

【シオニズム】より

…またナポレオン1世は政治的・戦略的関心からこれに興味を寄せた。しかし,ユダヤ人国民国家の建設は,ヨーロッパにおける最後の民族問題の解決を意味すると考えた最初の思想家はモーゼス・ヘス(《ローマとエルサレム》1862)であった。 しかし,この思想が具体的に組織されたかたちをとるにいたったのは,19世紀末ロシアにおいてである。…

【ヘーゲル学派】より

…しかし,その人間観にはバウアーの〈自己意識〉,フォイエルバハの〈感性的人間〉,マルクスの〈社会的人間〉それぞれの間に対立があり,市民ジャーナリズムの形成と時を同じくして激しい論争が交わされた。M.ヘスエンゲルス,マルクスがドイツを去り,1848年の市民革命が挫折すると,シュトラウス,バウアーはドイツの国民主義に傾斜していき,前者はニーチェの激しい批判を浴びる。この国民主義を土台に,ラサール派が誕生し,マルクスの社会主義と対立を生み論争点のいくつかはマルクス主義対ファシズムという形でひきつがれた。…

【宇宙線】より

…磁気単極子などは未確認である。
[宇宙線の発見と研究の歴史]
 1912年オーストリアのV.F.ヘスは,気球に載せた検電器で約1km上空の放射線の検出を行い,宇宙から強力な放射線がきていることを発見した。宇宙線と名付けられたこの放射線は異常に高いエネルギーをもつので,その本質の解明と発生のなぞを解くことが新しい物理学と天文学の発展につながるものとして盛んに研究が行われた。…

※「ヘス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヘスの関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘスの関連情報