コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハウダ Gouda

翻訳|Gouda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハウダ
Gouda

オランダ西部,ゾイトホラント州の都市。ロッテルダムユトレヒトのほぼ中間,ハウエ川とアイセル川,およびいくつかの運河の合流点に位置し,「オランダの心臓」とも呼ばれている。 1272年に都市権を得た古い都市で,中世の麻布地取引の中心地の一つ。 17~18世紀には喫煙用のクレーパイプの産地として知られた。現在はろうそく製造を中心に陶器,亜麻布,チーズの生産が盛ん。特に,毎週のチーズ市で取引されるゴーダチーズは世界的に有名 (ゴーダは Goudaの英語読み) 。ゴシック建築の市庁舎 (1449) ,聖ヤン教会 (1552再建) ,重量検定所 (1668) など歴史的建築物がある。人口6万 7416 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のハウダの言及

【ゴーダ】より

…オランダ南西部,南ホラント州の都市。オランダ語読みはハウダ。ゴーダ・チーズで知られる。…

※「ハウダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ハウダの関連キーワードホワイダニットフーダニットプルビュスハウトマン