ハカム2世(読み)ハカムにせい(英語表記)al-ḤakamII al-Mustanṣir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハカム2世
ハカムにせい
al-ḤakamII al-Mustanṣir

[生]925
[没]976
後ウマイヤ朝第9代君主で,第2代カリフ (在位 961~976) 。彼の在位中,後ウマイヤ朝は政治的に最も安定し,経済的にも繁栄した。彼は開明君主として有名で,その文化的諸事業の結果,首都コルドバはこの時代,文化・学術都市として東方のバグダードと覇を競うにいたった。スペインではアルハケム2世として知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android