コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

趙匡胤 ちょうきょういん

5件 の用語解説(趙匡胤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

趙匡胤
ちょうきょういん

「太祖[宋]」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐きょういん〔テウキヤウイン〕【趙匡胤】

[927~976]中国、王朝の創始者。在位960~976。涿(たく)州(河北省)の人。廟号(びょうごう)、太祖。後周の禁軍の総司令官であったが、帝位について国号を宋と改め中国を統一。文治主義に立ち、君主独裁の統治機構をつくった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

趙匡胤【ちょうきょういん】

中国,の初代皇帝(在位960年―976年)。廟号は太祖。後周の世宗側近の武将であったが,世宗の没後,960年部下の諸将に推されて即位。各地に分立していた政権を倒して979年中国を統一。
→関連項目太宗(宋)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ちょうきょういん【趙匡胤】

927~976) 中国、宋の初代皇帝(在位960~976)。廟号は太祖。後周の武将であったが、幼主恭帝の禅譲をうけて即位、国号を宋と改めた。呉越・北漢を除いて中国を統一。文治主義による君主独裁につとめた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

趙匡胤
ちょうきょういん
(927―976)

中国、宋(そう)の初代皇帝(在位960~976)。廟号(びょうごう)は太祖。五代の武将趙弘殷(こういん)の次男として洛陽(らくよう)で生まれる。後周(こうしゅう)の禁軍(親衛隊)将校となって武功をたて、ついに総司令官である殿前都点検に上った。世宗の没後わずか7歳の恭帝(きょうてい)が即位したが、960年正月それを不服とする禁軍の将兵たちに擁立されて皇帝となり、国号を宋に改めた。この事件を陳橋(ちんきょう)の変というが、実は計画的なクーデターであったとみられる。
 彼は即位すると、世宗が始めた天下統一の事業を受け継ぎ、江南に割拠していた荊南(けいなん)、楚(そ)、後蜀(こうしょく)、南漢、南唐を次々に征討し、呉越と北漢とを残して、唐末五代の分裂状態をほぼ収束した。統一事業を進める一方で、皇帝権を強化するための施策を行った。まず、五代に頻繁に王朝が交代したのは、多くは禁軍の策動によるものであったので、それを防止するために、総司令官である殿前都点検を廃止し、侍衛馬軍、侍衛歩軍、殿前諸班を分立させ、三軍を統率するものは皇帝のみとした。また別に枢密使を置いて、軍隊の統帥権と指揮権とを分けた。一方、唐末以来の国内分裂は、皇帝の権力が弱体で藩鎮(はんちん)(地方軍閥)が強大であったためとの反省から、これまで藩鎮が握っていた民政、財政、軍事の権限を取り上げて、その勢力を弱めていった。そして中央から文臣を地方の長官、知州などに派遣し、そのうえ州には通判(つうはん)(副知事)をおいて知州を監視させた。
 財政では、税収のほとんどすべてを中央に送付させ、地方には最低必要量しかとどめさせず、優秀な兵卒は中央の禁軍に編入し、地方軍(廂(しょう)軍)を骨抜きにした。これを強幹弱枝策という。中央政府の機構でも、中書侍郎同中書門下平章事(宰相)のほかに参知政事(副宰相)を設け、財政は三司使にゆだねるなど、宰相の権限を分散して、臣下の者に権力が集中するのを防ぎ、君主独裁の統治機構をつくった。これらは宰相趙普(ちょうふ)の献策に基づくものが多く、また太宗に引き継がれて完成された。[竺沙雅章]
『竺沙雅章著『宋の太祖と太宗』(1975・清水書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の趙匡胤の言及

【兄弟分】より

…その儀式は,榻(寝台)を共にする,血をすすりあうなどさまざまで,文書(兄弟契)を取り交わすこともある。義兄弟関係が3人以上に及ぶこともしばしばで,趙匡胤(ちようきよういん)は10人の〈義社兄弟〉を基礎に宋朝を興した。義兄弟結合はしばしば秘密結社の組織原理となり,《三国志演義》(桃園結義)や《水滸伝》などのモティーフにもなった。…

【宋】より

…1127年(靖康2)の靖康の変によっていったん滅亡したので,それ以前を北宋,以後の南遷して杭州に都した時期を南宋という。
【政治過程】
 後周世宗の武将であった趙匡胤(ちようきよういん)は,世宗の没後,部下の将兵に擁立されて皇帝となり,宋朝を開いた(960)。宋の太祖である。…

【太祖】より

…後周世宗に重用され,禁軍(親衛隊)の総司令官である殿前都点検になった。959年(顕徳6),世宗が没して,わずか7歳の恭帝が後をついだが,それを不満とする禁軍将兵たちは,翌年正月,趙匡胤を皇帝に擁立した。彼は即位して国号を宋と定め,世宗が始めた中国統一の事業をひきつぎ,江南に割拠していた荆南,楚,南漢,後蜀,南唐をつぎつぎに征服して,唐末以来の分裂状態にほぼ終止符を打った。…

※「趙匡胤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

趙匡胤の関連キーワード侯翼ジヤール朝貞元齋藤美術館敦固親王寛建増祐時明親王源延光元長親王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone