コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハシカン(波志干) ハシカンBredia hirsuta Blume

世界大百科事典 第2版の解説

ハシカン【ハシカン(波志干) Bredia hirsuta Blume】

花径1~3cmくらいの淡紅色の美しい花を枝の先にたくさんつけるノボタン科の常緑低木。ハシカンボクともいう。観賞用として暖地の庭に植えたり,鉢物として作られる。原産地屋久島,沖縄。高さ1mくらいで枝はまるく,赤褐色剛毛短毛がつく。葉は卵形または卵状長楕円形で,先はとがり,基部はやや心臓形で両面にまばらに毛がある。夏に長さ10cm内外の花序を頂生し,円錐状に花をまばらにつける。花弁は4枚でやや菱形をなし,おしべには長いものと短いものがあり,長いものはよく目だつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハシカン(波志干)の関連キーワード肺がんアゲマキガイウミニナスガイアキアミ(秋醬蝦)ウミニナ(海蜷)クルマガイ(車貝)検地竿ネピアグラスヒキガエル(蟇∥蟾蜍)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android