コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハシカン(波志干) ハシカン Bredia hirsuta Blume

1件 の用語解説(ハシカン(波志干)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハシカン【ハシカン(波志干) Bredia hirsuta Blume】

花径1~3cmくらいの淡紅色の美しい花を枝の先にたくさんつけるノボタン科の常緑低木。ハシカンボクともいう。観賞用として暖地の庭に植えたり,鉢物として作られる。原産地屋久島,沖縄。高さ1mくらいで枝はまるく,赤褐色の剛毛と短毛がつく。葉は卵形または卵状長楕円形で,先はとがり,基部はやや心臓形で両面にまばらに毛がある。夏に長さ10cm内外の花序を頂生し,円錐状に花をまばらにつける。花弁は4枚でやや菱形をなし,おしべには長いものと短いものがあり,長いものはよく目だつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハシカン(波志干)の関連キーワード桜桃寒桜琴水母桜蓼枝垂れ桜栂桜褄取草彼岸桜豆桜鴎蘭

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone