ハシグロヒタキ(英語表記)Oenanthe oenanthe; northern wheatear

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハシグロヒタキ
Oenanthe oenanthe; northern wheatear

スズメ目ヒタキ科。全長 14.5~16cm。雌雄異色。繁殖期の雄は,背面が青灰色,眉斑が白く,過眼線が黒い。腰,尾羽基部 3分の2,胸から腹は白いが,喉は狐色を帯びる。雌は背面と顔が褐色で,腰と尾羽の基部のみ白い。下面も全体に狐色ないし淡黄褐色である。非繁殖期の雄は雌の羽色に似ている。ユーラシア大陸の温帯から寒帯アラスカ半島カナダ北部,グリーンランドに繁殖分布し,イラクの一部とアフリカのサハラ砂漠周辺地域に渡って越冬する。越冬地からグリーンランドまでは 1万5000kmもあり,小鳥では最も遠距離を渡る一種として知られている。畑,草原,荒れ地,ツンドラなど開けた環境にすむ。日本では珍しい迷鳥として各地に渡来記録がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android