コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迷鳥 めいちょう straggler; strayer

4件 の用語解説(迷鳥の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

迷鳥
めいちょう
straggler; strayer

本来の分布域以外の地域に迷い出た鳥。台風などの事故や他の種に混って本来の渡りの経路からはずれたりする場合が多く,日本では,おもにユーラシア大陸産の種や,北アメリカ産の種など 70~80種が迷鳥として記録されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

めい‐ちょう〔‐テウ〕【迷鳥】

本来はその地域に生息も渡来もしない鳥で、渡りのコースから外れたり、台風で飛ばされたりして迷い込んで現れるもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

めいちょう【迷鳥】

台風に巻き込まれたり、近縁の鳥の群れにまぎれ込んだりして正常な渡りの経路をはずれ、本来の生息地や渡来地でない地方に飛来した鳥。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

迷鳥
めいちょう
straggleraccidental

ある一つの地域でみられる鳥のなかで、数年から十数年に一羽という程度以下の頻度で現れるものをいう。それは、その種の通常の分布域や渡りの移動経路から離れた地域でみられる場合である。[浦本昌紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の迷鳥の言及

【渡り鳥】より

…さらにこれらのほかに,北極圏やシベリア地方で繁殖し,オーストラリア方面まで渡って越冬するオオジシギをはじめトウネン,ムナグロ,ダイゼンなどシギ・チドリ類は,春と秋の年2回日本に立ち寄るので,これらを旅鳥travelerと呼んでいる。またふだんは生息も渡来もしないが,暴風その他の偶然の機会にたまたま訪れるものを迷鳥strayerと呼ぶ。以上のうち夏鳥,冬鳥,旅鳥を合わせて渡り鳥と呼ぶ。…

※「迷鳥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

迷鳥の関連キーワード安山岩線人口分布異名森林帯長距離電話道迷い除染の地域オナガ(尾長)満州(満洲)ファウル地域

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

迷鳥の関連情報