コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハスノハカシパン Scaphechinus mirabilis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハスノハカシパン
Scaphechinus mirabilis

棘皮動物門ウニ綱タコノマクラ目スクテラ科。径 8cm内外。殻は丸みを帯びた五角形で扁平である。生時は暗紫色。殻の上面に花弁状のを5個もつが,体の前方を向く紋の先は開いている。生殖孔は4個。下面は中心の囲口部から5本の溝が放射し,その先が二叉していてハス葉脈を思わせる。日本各地の近海の砂泥底に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハスノハカシパン【Scaphechinus mirabilis】

ウニ綱ヨウミャクカシパン科の棘皮(きよくひ)動物。北海道南部より九州,朝鮮半島に分布し,内湾の砂や泥底中に日中は浅く潜って生活するが,夜になると砂泥上に現れる。殻は直径8cmほどの丸みを帯びた五角形で,扁平,殻質は堅い。生きているときは暗紫色のために,北海道ではムラサキダラと呼んでいる。密生している短いとげを取り除くと背面に5個の花紋が明りょうに見える。花紋は殻径の半分以上を占め,前方に向く花紋の一つの先端は開いているが,他は閉じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハスノハカシパン
はすのはかしぱん
[学]Scaphechinus mirabilis

棘皮(きょくひ)動物門ウニ綱ハスノハカシパン科に属する海産動物。全体が一様に濃紫色で、下面に葉脈のような多数の溝のあるハスの葉形のウニ。浅海の砂泥中に群生することが多い。直径6、7センチメートル、厚さ1センチメートル未満。殻の輪郭は変異が大きく、幅広くて後縁が著しい波形を呈するものもある。北海道南西部から九州、朝鮮半島南部まで分布する。ナミベリハスノハカシパンS. brevisは本種と同物異名。近縁種に背面が暗灰色を帯びるハイイロハスノハカシパンS. griseusがあり、東北地方と北海道の沿岸に産する。[重井陸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のハスノハカシパンの言及

【カシパン】より

…よく発生学の実験に用いられる。ハスノハカシパンScaphechinus mirabilisは暗紫色で直径8cmくらい。石狩湾以南の浅海にふつう。…

【カシパン】より

…ウニ綱カシパン亜目Laganinaに属する棘皮(きよくひ)動物の総称で,カシパン科,ハスノハカシパン科,スカシカシパン科など5科の種類が含まれる。別名カシパンウニ。…

※「ハスノハカシパン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハスノハカシパンの関連キーワードナミベリハスノハカシパンカシパンウニ菓子パン海胆

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android