コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハソンビン省 ハソンビンHa Son Binh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハソンビン〔省〕
ハソンビン
Ha Son Binh

ベトナム北部の省。省都ハドン。首都ハノイの南西に接する。住民の 80%以上はベトナム人であるが,ほかにムオン族が多い。ムオン族は省の南西部の山地に住み,養蚕,林業,手工業に従事する。省の西部を流れるダ川ホン川 (紅河) の支流で,包蔵水力がきわめて大きく,1970年代後半以降,予定出力 200万 kWのホアビン発電所の建設を含む総合開発計画が進められている。西部一帯はベトナムで最も早くから人類が住みついた地方の一つで,中石器時代の遺跡 (ホアビン文化) が発見されている。面積 5978km2。人口約 154万。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハソンビン省の関連キーワードブー・コアンソンタイ

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android