コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハチジョウススキ Miscanthus condensatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハチジョウススキ
Miscanthus condensatus

イネ科の半常緑の多年草。本州南岸,伊豆諸島,四国,九州,琉球列島,台湾,太平洋諸島,中国,インドシナに分布する。おもに暖地の海辺に叢生し,ススキに似て大型で高さ1~2mになる。は直立し,中実の太い円柱形。葉は互生し幅約 3cmの広い線形,白緑色で中脈が白く葉縁のざらつきは少い。葉の下部は長い鞘となり茎を包む。葉舌は無毛。花期は秋で,茎頂に小穂を密生する。枝穂,花軸,小梗のすべてが太く,普通のススキと区別されるが,本州に入るにつれて区別しにくくなる傾向がある。八丈島に産するためこの名があり,同地ではマグサと称して牛馬の飼料とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のハチジョウススキの言及

【ススキ(芒∥薄)】より

…変異が多く,小穂の毛が紫色の品種のムラサキススキ,葉に白いすじのあるシマススキや,黄白色の横縞の斑(ふ)が2~3cm間隔にある園芸品種のタカノハススキがある。八丈島や伊豆大島でハチジョウマグサと呼び,牛馬の飼料としている大型の変種はハチジョウススキvar.condensatus (Hackel) Makinoで,伊豆諸島から関東以西,琉球諸島までの海岸に生え,葉の幅が広く,幅2cmほどで,やや白緑色を帯び,花序もススキより大型で密である。ススキはこれらの変種,品種を含めて,日本,朝鮮,中国に分布する。…

※「ハチジョウススキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハチジョウススキの関連情報