ハッブル定数(読み)ハッブルテイスウ

デジタル大辞泉の解説

ハッブル‐ていすう【ハッブル定数】

ハッブルルメートルの法則における、宇宙の現在の膨張率を表す定数。銀河までの距離をrMpc(メガパーセク))、後退速度をv(km/s)とすると、ハッブルルメートルの法則はvH0rで表され、その比例係数H0がハッブル定数となる。単位はkm/s/Mpc。また、H0の逆数をハッブル時間ハッブル時間に光速度を乗じた値をハッブル距離と呼び、それぞれ現在の宇宙の年齢と宇宙の地平線の大きさの目安となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハッブル定数の言及

【宇宙】より

… 第2はハッブルの法則,あるいは銀河の速度距離の関係として知られているもので,遠い銀河ないし銀河団が,その距離(r)に比例する速度(v)で後退して見えるという観測事実である。vHrというこの関係で比例定数Hをハッブル定数と呼び,最近の観測による値は15~20km/s・100万光年である。なお後退速度が光速度(c)となる距離c/Hを宇宙の地平線と呼び,上の値を用いると150億~200億光年となる。…

※「ハッブル定数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハッブル定数の関連情報