コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハッブル定数 ハッブルテイスウ

2件 の用語解説(ハッブル定数の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ハッブル‐ていすう【ハッブル定数】

ハッブルの法則における、宇宙の現在の膨張率を表す定数。銀河までの距離をr(Mpc(メガパーセク))、後退速度をv(km/s)とすると、ハッブルの法則はv=H0rで表され、その比例係数H0がハッブル定数となる。単位はkm/s/Mpc。また、H0の逆数をハッブル時間ハッブル時間に光速度を乗じた値をハッブル半径と呼び、それぞれ現在の宇宙の年齢と大きさの目安となる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のハッブル定数の言及

【宇宙】より

… 第2はハッブルの法則,あるいは銀河の速度距離の関係として知られているもので,遠い銀河ないし銀河団が,その距離(r)に比例する速度(v)で後退して見えるという観測事実である。vHrというこの関係で比例定数Hをハッブル定数と呼び,最近の観測による値は15~20km/s・100万光年である。なお後退速度が光速度(c)となる距離c/Hを宇宙の地平線と呼び,上の値を用いると150億~200億光年となる。…

※「ハッブル定数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone