コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハドリアヌス2世 ハドリアヌスにせいHadrianus II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハドリアヌス2世
ハドリアヌスにせい
Hadrianus II

[生]792. ローマ
[没]872.12.14.
教皇 (在位 867~872) 。ステファヌス5世,セルギウス2世と同じ家系のローマの貴族出身。前任者ニコラウス1世で頂点に達した教皇権を維持しようと苦闘。キュリロスとメトディオスの典礼におけるスラブ語使用を許可し,後者をシルミウム大司教とした。第4コンスタンチノープル公会議に代表を送ってフォチウスの罷免を決したほか,コンスタンチノープル総司教位をローマに次ぐ地位として認めた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハドリアヌス2世の関連キーワードアナスタシウスマリヌス1世メトディオスステファヌスキュリロス教皇

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android