コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メトディオス Methodios

2件 の用語解説(メトディオスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

メトディオス【Methodios】

815ころ‐885
キュリロスとともにモラビアスラブ人に布教したギリシア人宣教師。シルミウム大司教(869)。テッサロニケの出身で,856年ころ世俗の生活を捨て,修道士となった。弟キュリロスローマで客死(869)したのち,教皇ハドリアヌス2世によって,モラビアとパンノニアを管轄区とするシルミウム(現,ユーゴスラビア領スレムスカ・ミトロビツァ)大司教に叙階され,スラブ語典礼を公式に認められた。しかし大司教の地位は,フランク教会のさまざまの圧迫にあって,名目的なものに終わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メトディオス
めとでぃおす
Methodios
(815/820―885)

ギリシアの聖職者。テサロニケ生まれる。行政官としての才能に恵まれ、軍政官を務めた。だが、信仰心厚く高官の職に満足せず、修道院長となった。863年、ビザンティン皇帝ミカエル3世の命令により、弟コンスタンティノスとともにモラビアに行きキリスト教伝道に従事した。伝道はギリシア語でなくモラビア語で行った。弟はキリル文字(スラブ・アルファベット)を考案し、兄弟協力して典礼書、聖書などをスラブ語に翻訳した。兄弟の伝道活動により、まず、ブルガリア教会が945年国教としての位置を確立した。彼らは絶えずゲルマン系聖職者の妨害を受けたが屈することなく、メトディオスは弟の死(869)後、ローマ教皇からモラビアとパンノニアの大司教に叙任された。[田口貞夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のメトディオスの言及

【ギリシア正教会】より

…6世紀よりギリシアには大量のスラブ人が侵入したが,キリスト教を受容し同化した。9世紀後半,テッサロニケ出身のギリシア人キュリロスとメトディオス兄弟はビザンティン帝国の使命を帯びて,モラビアのスラブ人にスラブ語典礼を伝えた。13世紀初頭,第4回十字軍の侵入によってコンスタンティノープルにラテン帝国が樹立されると,ギリシアの教会も大部分ラテン司教の管轄下に置かれたが,典礼や信仰生活に大きな変化はなかった。…

【スラブ学】より

…スラブ学は最初はスラブ文献学として発展した。すなわち,9世紀後半にモラビアに布教したキュリロスメトディオス兄弟が案出した最古のスラブ文字(グラゴール文字と呼ばれる)とその言語(古代教会スラブ語)の研究であり,この分野は現在ではキリロメトディアナCyrillomethodianaの名称で呼ばれている。初期の代表的なスラブ文献学者は,チェコのドブロフスキー,スロベニアのコピタル,ロシアのボストーコフAleksandr Khristoforovich Vostokov(1781‐1864)である。…

【聖書】より

…現在なお各国の正教会では,中世の翻訳を多少改訂した教会スラブ語の聖書を典礼で用いている。最初の翻訳は〈スラブ人の使徒〉と呼ばれるテッサロニキ出身のギリシア人キュリロスメトディオスの手になる。二人は9世紀後半,モラビアのスラブ人への布教の目的で,まずスラブ語を表記する文字(グラゴール文字と呼ばれる。…

※「メトディオス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

メトディオスの関連キーワードアショットカール[3世]仁和キュリロスチェコ文学王孝廉元慶喜撰式仁和歌合

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone