コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハドリアヌス3世 ハドリアヌスさんせいHadrianus III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハドリアヌス3世
ハドリアヌスさんせい
Hadrianus III

[生]?. ローマ?
[没]885.9頃. モデナ近郊
ローマ出身とされる第109代教皇在位 884~885)。聖人。短い在位期間は混乱の多い時代と重なった。フランク帝国(→神聖ローマ帝国フランク王国)の皇帝カルル3世(在位 881~887)に招集され,ウォルムスで行なわれる会議に向かう途中で死去した。ウォルムスの会議では,フランク帝国の後継者選びとサラセン人(→サラセン)の台頭問題について討議する予定であった。死因には疑問が呈され,暗殺されたとする説も有力である。業績はあまり残されていないが,飢饉に際してローマ市民に救済の手を差し伸べたことで知られる。1891年6月に列聖(→列福)された。祝日は 7月8日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハドリアヌス3世の関連キーワードステファヌス5世(6世)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android