コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナイグチ

2件 の用語解説(ハナイグチの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ハナイグチ

 [Suillus gravillei].イグチ目イグチ科ヌメリイグチ属の食用キノコ

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナイグチ
はないぐち / 花猪口
[学]Suillus grevillei (Klotz.) Sing.

担子菌類、マツタケ目イグチ科の食用キノコ。カラマツ林だけに生えるのでカラマツイグチ、カラマツタケなどの地方名もある。傘は径4~10センチメートルまんじゅう形、表面は赤茶色で、のち色あせて黄茶色になり、著しい粘液で覆われる。傘の裏の管孔(くだあな)は濃い黄色、若いときは黄ないし黄茶色の膜で覆われる。茎の上部には落ちやすいつばがある。茎は円柱状で太く充実する。胞子紋は黄土色。胞子は8~11マイクロメートル×5~6マイクロメートルの長楕円(ちょうだえん)形。カラマツ属の木がある北半球温帯以北に広く分布する。長野県ではジゴボウとよび、とくに珍重されている。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハナイグチの言及

【イグチ(猪口)】より

…毒キノコはほとんどなく,食用キノコが多い。食用としてはヌメリイグチ属SuillusのアミタケS.bovinus (Fr.) Kuntze(イラスト)(マツ林に群生),ヌメリイグチS.luteus (Fr.) S.F.Gray(イラスト)(マツ林),ハナイグチS.grevillei (Kl.) Sing.(カラマツ林)や,ヤマドリタケ属BoletusのヤマドリタケB.edulis Fr.(雑木林),ヤマイグチ属LeccinumのヤマイグチL.scabrum (Fr.) S.F.Gray(カンバ林),キンチャヤマイグチL.aurantiacum (St.Am.) S.F.Gray(カンバ林),アカヤマドリL.extremiorientale (L.Vass.) Sing.(イラスト)(雑木林)などがすぐれている。この科のキノコはいずれも樹木の根に菌根をつくって共生するので,宿主となる木の種類と密接な関係がある。…

※「ハナイグチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハナイグチの関連情報