コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナカタバミ Oxalis bowiei; Bowie's wood sorrel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナカタバミ
Oxalis bowiei; Bowie's wood sorrel

カタバミ科の多年草。南アフリカ,ケープ地方の原産で,江戸時代末期に日本に渡来し,観賞用に栽培された。根茎は白色で紡錘形をし,葉は3小葉で日本産のカタバミと似ているがずっと大きく,長い葉柄をもち根生する。小葉は平開し,長さ4~6cmの円状倒卵形で先端はへこむ。秋から冬にかけて,長さ 10~15cmの花茎を出して,散形状に3~10個の紅色の美しい花をつける。花の直径は約 3cmで5枚の花弁は互いに重なり合うように平開し,濃色の筋がある。本属中最も美しい種類である。園芸品としては本種のほかに,ブラジル原産のベニカタバミ,メキシコ原産のモンカタバミ,南アフリカ原産のキイロハナカタバミなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ハナカタバミ

南アフリカ原産のカタバミ科の多年草。地下に鱗茎があり,葉はまるいハート形の小葉3枚からなる。夏〜秋,高さ約30cmの花茎の先に6〜12花を散形状につける。花径は3〜4cm,花色は光沢ある濃桃,または紫紅色。
→関連項目カタバミムラサキカタバミ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のハナカタバミの言及

【オキザリス】より

…フヨウカタバミまたはアオイカタバミO.variabilis Jacq.は南アフリカのケープ原産で,ピンク,白,藤色などの大輪花を秋~冬に咲かせる。ハナカタバミO.bowieana Lodd.もケープ原産で,濃桃色の丸弁大輪花を秋に開く。ベニカタバミO.brasiliensis Lodd.は南アメリカのブラジル原産で,秋および春に紫紅色小輪花を咲かせ,耐寒性。…

※「ハナカタバミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハナカタバミの関連キーワードオキザリス

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android