コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナキリン(花麒麟) ハナキリンEuphorbia splendens; crown of thorns

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナキリン(花麒麟)
ハナキリン
Euphorbia splendens; crown of thorns

トウダイグサ科の多肉植物で,観賞用に栽培される。原産はマダガスカル島であるが 19世紀にヨーロッパへ紹介され,日本にも大正年間にもたらされた。高さ1~2mの低木状で,肌はやや角張り,緑褐色で平滑である。傷つけると白い乳液を出す。葉は分枝した枝の上部だけにつき,緑色で質が薄く,長さ3~5cmのへら形をしている。花は枝分れした花序につき,2枚の鮮かな赤色の包葉が目立つ。この包葉に抱かれるように小さな雌花と雄花があり,トウダイグサ属独特の杯状花序をなしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハナキリン(花麒麟)の関連キーワードトウダイグサ科

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android