コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杯状花序 はいじょうかじょcyathium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杯状花序
はいじょうかじょ
cyathium

めしべのみ,あるいはおしべのみに退化した何個かの花が,包葉の内部に包まれていて,花序全体が一個の花のようにみえる。トウダイグサ科 (ポインセチアなど) に特有な花序である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はいじょう‐かじょ〔ハイジヤウクワジヨ〕【杯状花序】

有限花序の一。花軸と包葉()が変形して杯状になったものの中に、退化した雄花雌花がつくもの。トウダイグサの仲間にみられる。壺状花序。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

杯状花序の関連キーワードトウダイグサ(灯台草)タカトウダイ(高灯台)ハナキリン(花麒麟)ニシキソウ(錦草)ノウルシ(野漆)タカトウダイイワタイゲキナツトウダイホルトソウニシキソウハナキリンノウルシめしべ偽花