杯状花序(読み)はいじょうかじょ(英語表記)cyathium

精選版 日本国語大辞典 「杯状花序」の意味・読み・例文・類語

はいじょう‐かじょ ハイジャウクヮジョ【杯状花序】

〘名〙 植物で、有限花序の一つ。花軸包葉が変形して杯状になったものの中に、退化した雄花雌花がつくもの。トウダイグサ仲間に見られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「杯状花序」の意味・読み・例文・類語

はいじょう‐かじょ〔ハイジヤウクワジヨ〕【杯状花序】

有限花序の一。花軸と包葉()が変形して杯状になったものの中に、退化した雄花と雌花がつくもの。トウダイグサの仲間にみられる。壺状花序

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「杯状花序」の意味・わかりやすい解説

杯状花序
はいじょうかじょ
cyathium

めしべのみ,あるいはおしべのみに退化した何個かの花が,包葉の内部に包まれていて,花序全体が一個の花のようにみえる。トウダイグサ科 (ポインセチアなど) に特有な花序である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

閏日

太陽暦では,1太陽年が 365.2422日にあたるため,平年を 365日とし,400年に 97回閏日をおいて補正する必要がある。最初の一応完全な太陽暦は,前 46年,ユリウス・カエサルがアレクサンドリ...

閏日の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android