マダガスカル島(読み)マダガスカルとう(英語表記)Madagascar

翻訳|Madagascar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「マダガスカル島」の解説

マダガスカル島
マダガスカルとう
Madagascar

インド洋南西部にある世界第4位の面積をもつ島。アフリカ大陸とはモザンビーク海峡によってへだてられる。周辺の小島とともにマダガスカル民主共和国を構成。面積 58万 7041km2。中央高地と海岸低地から成り,中央高地は起伏の小さい高原状の地形で,同島の最高点 (2876m) を含む北部のツァラタナナ山脈,中央部のアンカラトラ山地,南部のアンドリンギトラ山地を含む。東斜面は急傾斜をなし,西斜面はゆるやかな階段状の地形で,低地も広く分布し,海岸付近には沖積地,河口付近には三角州が発達。気候は熱帯気候地域が広いが中央高地では温帯気候を示し,乾季雨季が明瞭。降水量は東海岸に多く,南および南西部は半乾燥 (ステップ気候) 地域。土壌赤色ラテライト全島に分布。歴史的にはアフリカの一部とみなされるが,人種,言語的にはアフリカ大陸との関係は薄く,キツネザルなどの特異な動植物相にも独自の発達の跡がみられる。文化も水田耕作を中心とするアジア文化と類似。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android