ハマニンニク(浜大蒜)(読み)ハマニンニク(英語表記)Elymus mollis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマニンニク(浜大蒜)
ハマニンニク
Elymus mollis

イネ科の多年草。テンキグサの別名もある。北九州の日本海側以北から北海道まで,および東シベリア,北アメリカに分布する。海岸の砂地を好み,地下茎は太く横に張ってしばしば群落をつくる。は太く円柱形で高さ 1mに及ぶ。は広線形で緑白色をし,葉鞘は太い。夏に,茎の先に長さ 20cm内外の単一の穂状花序を出し,多数の小穂を密につける。ハマニンニクの属するエゾムギ属の雑草を総称してワイルドライと呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android