コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマボッス(浜払子)(読み)ハマボッス(英語表記)Lysimachia mauritiana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマボッス(浜払子)
ハマボッス
Lysimachia mauritiana

サクラソウ科の越年草で,旧世界の熱帯,亜熱帯に広く分布する。日本全域の海岸に普通にみられる。は赤みを帯び,基部で数本に分れ,高さは 40cm内外となる。葉は互生し,長さ2~6cmの厚い肉質でへら形をしている。初夏の頃,枝先に長い総状花序を伸ばして白花を密生する。萼は5深裂し裂片は広披針形,花冠は5片に深裂し,花径は 1cmぐらいである。果実は径 5mmほどの球形の 蒴果で堅い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハマボッス【ハマボッス(浜払子) Lysimachia mauritiana Lam.】

海岸の砂地または岩場に生えるやや多肉のサクラソウ科の越年草(イラスト)。和名は,花穂の形を払子(ほつす)に見たてたのであろう。植物体は無毛。茎は基部で分枝し,高さ10~40cm,稜がある。葉は互生し,やや厚く,つやがあり,倒披針形で長さ2~6cm,幅1~2cm。葉肉内に黒色の腺点がある。5~6月,茎の先端に多数の花を密に総状,または円錐状につける。萼は緑色で5裂する。花冠は白色で深く5裂し,直径1cm前後。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報