コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サクラソウ科 サクラソウかPrimulaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サクラソウ科
サクラソウか
Primulaceae

双子葉植物サクラソウ目の1科。一年草または多年草で世界の温帯に約 28属 1000種が知られ,特に北半球に多い。葉は互生または対生し,ロゼット状の根生葉花茎をもつ場合も多い。花は両性花で浅い皿状に癒合した花冠をもち,5数性で,おしべは花冠の裂片と向い合う。シクラメン属やサクラソウ属には美花をつけるものが多く観賞用とされ,また高山性の種類も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サクラソウ科
さくらそうか
[学]Primulaceae

双子葉植物、合弁花類。一年草ないし多年草。葉は単葉で全縁または鋸歯(きょし)があり、互生、対生または輪生し、群生することが多い。花は葉腋(ようえき)に単生し、多くは総状花序、散形花序をつくり、両性で、一般に放射相称であるが、まれに左右相称のものもある。萼(がく)は筒状となる。花冠は一般に高坏(たかつき)形で、細い筒があり、先は5(まれに4)裂し、裂片は広く開くが、深裂するもの(ヤナギトラノオ属、ツマトリソウ属)、裂片が反曲するもの(シクラメン属)がある。雄しべは花冠裂片と同数で花筒に合着し、裂片と対(つい)の位置にある。子房は上位まれに中位、1室で、独立中央胎座に多くの胚珠(はいしゅ)がつく。果実は(さくか)。世界の温帯から寒帯に分布し、28属800種ほどある。日本にはオカトラノオ属、サクラソウ属、ルリハコベ属、ハイハマボッス属など10属37種ある。サクラソウやシクラメンなど、よく栽培され、多くの園芸品種がつくられている。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のサクラソウ科の言及

【サクラソウ(桜草)】より

…美しい放射相称の花をつけるサクラソウ科の多年草。約600種が北半球の温帯から寒帯を中心に分化しており,多くの種が園芸植物として植栽される。…

※「サクラソウ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

サクラソウ科の関連キーワードプリムラマラコイデスプリムラオブコニカ深山田牛蒡ホウドウゲ野路虎の尾黄花九輪桜小蝦夷桜草蝦夷小桜沼虎の尾柳虎の尾夕張小桜草れだま山九年母雪割小桜神威小桜岡虎の尾空知小桜信濃小桜瑠璃繁蔞雲居小桜

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サクラソウ科の関連情報