コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハミナの和約 ハミナのわやく Peace of Hamina

1件 の用語解説(ハミナの和約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハミナの和約
ハミナのわやく
Peace of Hamina

1809年9月ハミナ (フレデリックスハムン) においてスウェーデンロシアの間に結ばれた和約。フィンランドのロシア統治時代の始りとなった。フィンランドは長くスウェーデンの従属下にあったが,ティルジット条約 (1807) でナポレオンと結んだロシアは,反ナポレオン陣営に属するグスタフ4世のスウェーデンと開戦,フィンランドに侵入してこれを占領 (08~29) ,フィンランドはロシア皇帝アレクサンドル1世を大公とする大公国となることを承認,スウェーデンもまたハミナの和約で一切のフィンランドについての権益をロシアに譲った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハミナの和約の関連キーワードウォードフレデリックフレデリック・ショパン国際ピアノコンクールフレデリックWデクラークフレデリクスハウンフレデリック大王フレデリクヘンドリク島マイスターシュテュック オマージュ・ア・フレデリック・ショパンリアルフレックス フリップフレデリクスハムンの和議

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone