コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハメットの通則 Hammett's rule

1件 の用語解説(ハメットの通則の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ハメットの通則【Hammett's rule】

反応速度とエネルギーの関係を有機化合物とその反応性とに関連づけて得られた経験則.1935年にハメット(L. P. Hammett)が提案したものである.芳香族化合物でのm-,p-置換体において,置換基と反応速度の間に,logk/k0)=ρσ という簡単な式が成立する.ここで k0k は,置換基をもたない化合物と置換された化合物それぞれ速度定数,ρ はその反応に特有な定数で,ハメットの反応定数,あるいは ρ 値,σ は置換基に特有な値で,置換基定数,または σ 値と呼ばれる

なお,まったく同じ関係が平衡定数 K についても成り立つ.つまりlog(K/K0)=ρσ である.最初は安息香酸誘導体の解離反応について,ρ=1として求められたが,無置換の場合 σ=0,電子供与性の置換基では σ<0,電子吸引性の置換基では σ>0となる.後にさらに拡張されて,脂肪族化合物にも応用され,また置換基の極性効果については共鳴効果,立体効果などの解析も行われ,もともと対象とされていなかったo-置換体にも利用できるようになった.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハメットの通則の関連キーワードエネルギー準位エネルギー代謝核エネルギー高エネルギーリン酸結合熱エネルギー有機化合物高エネルギー燐酸化合物高エネルギー化合物エネルギー学共鳴エネルギー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone