コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハラクロム hallachrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハラクロム
hallachrome

環形動物のアカムシ Halla parthenopeiaの皮膚から抽出できるインドールカルボン酸系の色素で,普通は赤色であるが還元すれば無色となる。生体内では,チロシンからメラニンができる途中の中間物質となっている。アカムシの体に傷がつくと,黒色液がしみ出るのはこの色素の酸化物である。生体外実験では,赤血球の呼吸を促進させる。またこの色素はキサンチン酸化酵素やコハク酸脱水素酵素の水素受容体として働くことから,生体内では細胞内の呼吸になんらかの役割を果しているものと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハラクロムの関連キーワードコッポラOrangeブックパチーノCDVまなべゆきこ岩崎秀夫西川佳江竹内えり石田ひかり草薙仁

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android