コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハラ・ホト遺跡 ハラ・ホトいせきKhara-Khoto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハラ・ホト遺跡
ハラ・ホトいせき
Khara-Khoto

中国カンスー (甘粛) 省北部エジン・ゴルの下流にある西夏,元の遺跡。モンゴル語で「黒い城」の意。マルコ・ポーロの紀行録にあるエチナの町に比定されるが,現在は廃虚となっている。 1908年に P.コズロフ,14年に M.A.スタイン,27年に S.ヘディンが調査している。城は四角形の城壁で囲まれている。1辺の長さ 350mないし 450mで,壁は (せん) でつくられており,高さ約 10m。遺物,古文書も多く発見され,居延漢簡もこの付近から発見された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハラ・ホト遺跡の関連キーワード居延遺跡

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android