コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハラ・ホト遺跡 ハラ・ホトいせきKhara-Khoto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハラ・ホト遺跡
ハラ・ホトいせき
Khara-Khoto

中国カンスー (甘粛) 省北部エジン・ゴルの下流にある西夏,元の遺跡。モンゴル語で「黒い城」の意。マルコ・ポーロの紀行録にあるエチナの町に比定されるが,現在は廃虚となっている。 1908年に P.コズロフ,14年に M.A.スタイン,27年に S.ヘディンが調査している。城は四角形の城壁で囲まれている。1辺の長さ 350mないし 450mで,壁は (せん) でつくられており,高さ約 10m。遺物,古文書も多く発見され,居延漢簡もこの付近から発見された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android