ハリール・ブン・アフマド(英語表記)al‐Khalīl b.Aḥmad

世界大百科事典 第2版の解説

ハリール・ブン・アフマド【al‐Khalīl b.Aḥmad】

718‐791
アラビア語の文法学者,韻律学者。アラブのアズド族出身。現在のオマーンに生まれ,のちバスラに移住。バスラ文法学派を代表し,アラビア語の文字点を考案した。アラビア語最古の文法書を残したシーバワイフの師。またアラビア語最初の辞書《アインの書Kitāb al‐‘ayn》を残している。他方,アラブ古詩に通じ,それがもつ16種の韻律のうち15種を発見して,韻律学への道を開いた。【池田 修】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android